Hatena::Groupanond

楽しそうになりたい。

2008-04-03

境界面融解

21:19

彼方此方(というほどでもないが)で活動をバラバラに開始したら、勝手が分からないのと緊張の裏返しの精神的昂揚のせいで自らの個人情報を無防備にばらまいてしまい、後になって、アレとアレが繋がるとあああああああっ、もうアレについてはソコでは言えなくなってしまう、待てよじゃあこっちもそうじゃんしまったなー、みたいな事がじわじわと拡大してきて何だか不気味だ。


極めて残念なことに、隠し立てするような素性がある訳ではない。基本的に不治の病としての中2病に罹患しているので、できればそれに値する背景設定などあれば良いと思うのだが、詳細ではあるけれどもこれでは脇役にも使えんよ、と突っ返されてしまいそうな有様だ。


それでも曲がりなりにも生きている限りはしがらみとは無縁でいられる訳もなく、そのくびきから逃れる――いや、逃れる気分を味わう為に新たな場に出てみた筈が、逆に別々のつもりの領域がどんどん地続きになってしまい、それまで完全に分けて考えていた事柄が逃れがたい日常へ侵入してくる……ような気がする。


実際にそれで何か困るような事がある訳でもない。だが、明らかに俺は作法が解っていない。こんなにも解っていないということに驚いて困惑している。こうなってみて初めて匿名/顕名の論争があんなに熱を帯びるのかが解った。そんなの、その場その場で使い分ければいいんじゃね? としか思っていなかったのだが、人は、いや違うな、俺は、場によってその使い分けができるほど器用ではないのだ。


結論:増田はいいね。

aida3aida32008/04/04 20:04祭られる人々をみるたびに、「自分の背景を語らなければいいのに」と思うけど、背景を語らずに意見の細かい部分を伝えるのは難しいよね。
そうそう、背景を調べ上げられてさらされる事なんて無いと思っていても、自衛手段をとらざるを得ない。

増田はいいよねー、ヤバい過去記事も知らん顔できるから、気を遣わない。

aida3aida32008/04/04 20:55なんか微妙にズレた?
mixiに書かない(書けない)ようなネタをよくはてなに書いてる。繋がらない事前提で。面倒くさくなってるけど。

wannabe11wannabe112008/04/06 17:57ずれてないというか、その通りですよ。
勤務先世界と大学友人世界と高校友人世界と家族世界と親戚世界と…ってそれぞれの自分がキャラクターも振る舞いも時には外見さえ微妙に違う形で緩やかにつながりながら存在できるのが普通なのに、ネットだとそれが予期しない形で不意につながってその範囲も速度も制御不可能(ネットじゃなくてもそんなの制御不可能ですが、情報が伝わる速度とコストがあまりにも違う)。増田小夜の3/22のエントリにあった「Googleに捕捉されちゃうかどうかってので歴然とした差があるような気がするんだけど、しかし昨今のmixiの状況を見てると別にGoogleに捕捉されてないから安心とかそういうわけでもないな」というのを我が身を持って感じた春でした。

wannabe11wannabe112008/05/02 02:20うあああ、俺こんな事書いてんのになにやってんだ……。

kaiwakunkaiwakun2008/05/02 14:39ホントになにやってんだ。

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/wannabe11/20080403

2008-03-22

ツンデレ

22:44

年度末でテンパッたので久々に自主的に休日出勤したら意外に楽しそうに働いている自分に気が付いて慌てて不機嫌な顔をしてみる春の日。

wannabe11wannabe112008/03/24 22:44チガウ!俺がなりたがってる「楽しそう」はそういうのじゃないんだ!

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/wannabe11/20080322

2008-03-18

互いの倦怠

20:00

どうして欲しいのかは大体分かる。一見気まぐれに思えるほど一貫性が無くて、でもそれなりに良く考えた結果だってのも分かる。その過程の全てが想像できる訳じゃないけど、辻褄のあった推測くらいはできる。まあ要は必要だから言ってるんであって、決して嫌がらせのつもりも不快にさせるつもりもないんだよなってこと。うん、じゃあ一丁乗っかってやりますか。


とはならないよなあ、もう。余程でない限り。表面的にだけでも前向きに、何てことはもうごく自然にやってしまうから問題ではない。そんなことより、自分の内側がタマネギ並みに多層になっちゃって、どこまでが表面なのか分からなくなってるんだよ。自分に向かって、心の底からそう思ってる、って断言しながらその底の一枚下は? って果てしない問いが始まる。


もうちょっと単純だったのにな。いや今でも構造は単純なんだけど。自分が本当はどう思っているのかを気にしたりするようじゃ、俺もまだまだだな。

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/wannabe11/20080318

2008-03-15

初めて手を掛ける

18:44

存在しない親戚に急逝してもらうメソッドを生まれて初めて使ってしまった。存在しない親戚に対してとても激しい罪悪感を感じている。ゴメンよ、ゴメンよ、存在すらしていないのに勝手に死んだ事にしてごめんなさい。化けて出られそうな気がする。悪夢の中であったら、どういえばいいだろう。性別も年齢もどういう間柄なのかの設定もない、ただ罪悪感の投影物として、生きた事さえないのに殺してしまった。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

存在しなi親戚存在しなi親戚2008/03/15 20:01存在しない僕だけど、最期に人の役にたつことができてよかったよ!もう会うこともできないけど、時々でいいから僕のことを思い出してくれると嬉しいな……。それじゃあ、元気でね!!

FrancisFrancis2008/03/15 23:18そのうち夢枕に立つんだよね。
容姿や性格について思いつくたびにだんだん詳細な姿になって。
「あなたと一緒の世界でくらしたかった」とかすすり泣かれる。

wannabe11wannabe112008/03/26 18:38まだ、出てこないなあ……。あれ、何か期待してる?

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/wannabe11/20080315

2008-03-04

些細な成功

03:59

適当に作った料理が思いのほか美味しいと幸せだ。適当に好物を放り込んでみても、元々基本的な料理の技能が無いから滅多にその出来に満足する事は無く、いつも食えるか食えないかという段階の話になってしまうから殊更に嬉しい。再現できないところがまた良い。それが分かっているからしっかり味わって食べる。


楽しい事はしっかり味わうべきだ。官能の全てを使って。その最中だというのに、もうすぐ終わってしまうのがイヤで寂しくて悲しいなどと考えてしまう悪い癖を、どうにかして直せないものか。飯を食ってる間くらい、幸せに浸ってろよ。

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/wannabe11/20080304

2008-03-02

バターとラム酒

00:02

まあ、今は気楽な独り身暮らしの奴だし、よその「家庭」に足踏み入れてお世話になるのに比べればはるかに気安いんだけど、それでもやっぱりこの歳になると気は使っちゃうよなあ。なんか体力の衰えとかで感じるのとは別の種類の寂しさがある。…てほどでも無いけどね。やっぱり会社に宿泊手配頼もう。ちょっとでも経費を、だなんて無駄な忠誠心ありすぎだろ俺。


その前の支部立ち上げの壮行会もちょっと気が重い。人付き合いは嫌いじゃないと思ってるのに唐突に「あ、俺喋る相手も事も気もない」と気が付いて、自らの非コミュっぷりを突きつけられたりするから苦手。気を使って話しかけられたりすると鬱陶しくてしょうがない。毎日面突き合わせてる他部署の飲み会の方が余程気楽だ。


まあ、去年の忘年会の二次会の苦行がトラウマなだけなんだけど。極微妙な感じで針の筵という実に嫌な時空間だった。一次会で離脱するようにしよう…って、こっちに支部作る壮行会なのに迎える立場の人間がとかまた要らん考えがうぁぁ。どうせいろいろ頑張ってしまうんだ。当日まで考えないようにしよう。

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/wannabe11/20080302

2008-02-29

会社は精神安定剤

22:43

会社に来て、別世界で勝手にごにょごにょやって世界の終わりのように悲嘆に暮れるキモイおっさんになっていた間にあれこれと火を吹き始めた案件に、慌ててあれやこれやと手当をしているうちに、みるみる正気に戻っていく。


正気に戻っていく?


まあ、この方が楽だからいいことにしよう。世の中と折り合いを付けるには明らかにこっちのモードの方がやりやすいからな。


来月からこっちに支部できるのかあ。新卒受け入れを直でやっちゃうとは、まあ一般部門は前代未聞の大シフト組んでるらしいから、直接でやらないと事業部ごと存在意義を問われ始めるもんなあ。俺の所への割り振りがどうなるかは、まああれこれ心配しても仕方ないか。


こっち起案の案件がメインスケジュールに全く載らない理由とその場合に誰にどういう風に相談を持ちかければいいかについて、最近派遣社員から正社員になった年上の同僚ににボソボソと説明していたら「さすがですね…」と感心されて笑いながら脱力してしまった。

「こんなことで誉められても、ちっとも嬉しくありませんよ。むしろ悲しいです」

「いやいや、組織で生きて行くには一番大事なところじゃないですか」

「たまにはこんなくだらないノウハウを裏切って欲しいもんですけどね」

「どこの会社でも、みんなそう思っても変わらないもんです」


今月は一日おまけがあったから助かったな。この週末を使えば勝手に放置プレイにしてしまった分は取り戻せるだろう。本社のYさん、巻き込んじゃってゴメンね。撥ね付けたりしないいい人だってだって分かってて頼んでるあたり悪質だな。でも、これは放置してた分じゃなくて降って湧いた局長案件だって言うのはホントなんだよう。その分はこの週末でお返ししますんで。

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/wannabe11/20080229