増田小夜 RSSフィード

2011-05-27

あなたは人を幸せしたいと思って、そして挫折したことがありますか? 07:40 あなたは人を幸せにしたいと思って、そして挫折したことがありますか? - 増田小夜 を含むブックマーク はてなブックマーク - あなたは人を幸せにしたいと思って、そして挫折したことがありますか? - 増田小夜

http://d.hatena.ne.jp/p_shirokuma/20110526/p1

 ぶっちゃけ、素晴らしい異性をゲットしても、あなたがその異性を幸せしたいと願っていない限り、ロクな目に遭わないんじゃないでしょうか。どちらか一方だけが幸福を待っていて、どちらか一方だけが幸福を世話するような男女関係は、まず長続きしません。恋愛結婚に限ったことではないかもしれませんが、二人以上の人間が集まって幸福時間を共有しようと思ったら、何かしら、お互いに幸福時間を作ろう・相手に気持ち良くなってもらおうって気持ちがなければ無理なのです

まっとうな話で、そもそもこれがわかっていない人はダメだよなあと思う一方で、これだけじゃダメだよなということを実感しています。


気持ちだけではなく、相手を幸せにする実力も必要なのです

たとえば非常に気になる女性が居たとしましょう。相手に幸せになってほしいけど、そのためには自分と付き合うことが必須だという考えに至ったとします。そして愛の押し売りが始まるわけですストーカー行為の最初の一歩は「相手を幸せしたい」から発生していると思いますが、しかしそれはダメなのです結果的に相手を幸せにできていないのですから


僕は高校時代ずっと好きだった女の子が居ましたが、その子を幸せにできる自信が全く無く、というかどう考えても相手は自分と付き合うと楽しくないことになることが(当時自分には)明らかだったために、全く告白できませんでした

自分は相手を幸せにできると思ってアプローチして付き合った結果、しばらくしてケンカ別れし、自分はそこそこ幸せだったもの、別れた後でいろいろ考えてみると相手はいまいち幸せじゃなかったんだろうなと思うような付き合い方をしていたということもありました


そんなわけで、「相手を幸せしたい」という思いと、「ちゃんと相手を幸せにできる」というのが双方必要ではありますが、付き合ってから必要なのはむしろ前者よりも後者だと思います。



実際のところ相手に「自分のことを幸せにしてくれる気持ちを持ってくれていること」を望んでいる女性は結構多いと思います。特に若いうちは。しかしながら「気持ち」だけを基準に相手を選んでいると、「気持ちがあるように見せかけるテクニックをマスターしている人」「気持ちがあるだけで何もできない人」に捕まってしまいがちで、そういうことを何度経験して「やっぱり気持ちだけじゃダメだよね」になっていくのです


10代の女子は相手の年収ほとんど気にしませんが、30代の女子が相手の年収を結構気にします。それは20代ときに金のない男と付き合っててあまり幸せになれなかった経験が効いてきているのではないかと思っています。しかし僕は20代半ばにもなって本質がわかってなく将来性のない付き合いで時間を浪費し、結果30代になって宗旨替えするような人はイマイチだと思います。気持ちや願いでなんとかなるというような中二病的な発想は10代のうちに卒業しておく必要があります


相手を幸せしたい気持ちすら持っていない人に対して、そういう気持ちが大事という冒頭のp_shirokumaさんの記事は間違ってないですしかし見かける幸せじゃないカップルの事例はほとんど「幸せしたい気持ちはあるけど結果的に不幸になっている」ではないかと思っています。双方の言い分は「相手には自分幸せしたい気持ちがない」なんですけど、でも双方の言い分と、やっていることを客観的に見ると、実はうまくいってない理由は気持ちだけじゃない感じなんですよ。

トラックバック - http://anond.g.hatena.ne.jp/naoya2k/20110527