乙女回路は砕けないッ! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-16

繋がろうとするのではなく、繋がってしまった繋がり 01:59 繋がろうとするのではなく、繋がってしまった繋がり - 乙女回路は砕けないッ! を含むブックマーク はてなブックマーク - 繋がろうとするのではなく、繋がってしまった繋がり - 乙女回路は砕けないッ! 繋がろうとするのではなく、繋がってしまった繋がり - 乙女回路は砕けないッ! のブックマークコメント


友達にはなりたくないタイプって

http://anond.hatelabo.jp/20070716093650


何を利益不利益というのかは難しいのですけれど、僕の「友達」という概念はこの増田のようなカテゴリーには含まれません。僕の友達の多くは僕に社会的な益を全くもたらしません。迷惑をかけあうこともしばしばです。だけれども、僕は僕に益をもたらしてくれる人間よりも強く彼らに友情を感じます。


関係」というものは、一方的に生じさせることができません。常に2つ以上の存在が相互に関わる必要があります。益があるから付き合うという関係には「この人間と付き合っていると得だから、付き合っておこう」という、「自分から関係を作ろう、繋ぎとめておこう」という恣意性がどうしても生じてしまう気がします。僕はこの手の「恣意的に」繋ぎとめておける繋がりを何故かあまり好めません。僕が一方的に支配できてしまう繋がりは「つまらない」と感じてしまうのです。「関係」とは思えないのです。


今、僕が重要だと感じる人間関係のほとんどに、僕はこの恣意性を感じません。僕は、たまたま両親の元に生まれたから両親を愛し、たまたま出会ってしまった友人に強い友情を感じ、たまたま心を打たれてしまった人を好きになりました。繋がろう、繋いでやろう、繋がらねば、ではなく、「繋がってしまった」のです。もちろん恣意性うんぬんはゼロ・イチではありません。どこにでも少しは入り込みます。だけど僕は、ただなんとなく、偶然に、たまたま、「繋がってしまうもの」に強く惹かれます。恣意性が低いものに運命を感じるのです。


最後に少し狂ったことを書きましょう。「どうして私のことが好きになったの?」と聞かれれば、僕は「たまたま」と答えます。「誰でもよかったの?」と返されるかもしれません。しかし、僕は思います。この時代のこの地域で生まれて出会うということを。そこには、絶対に、誰の恣意性も含まれません。この時空にほぼ同時に存在する、ということは完全に誰の支配化にも置かれていないのです。そして、その中で、僕が出会う「誰か」はものすごく数が少ないのです。「誰でも」がすでにかなり限定されている。空間的な話だけでも、僕は死ぬまでに地球上の全ての人間に会うことはできないでしょう。その中で、たまたま出会い、たまたま心を打たれてしまったのなら。たとえば、「どうして私のことが好きになったの?」の理由は僕にはそれで十分で、それ以外の理由はただの捏造可能な物語です。


Q.友達にはなりたくないタイプって?

A.あなたみたいなタイプ


以上、盛大に釣られてみました。

NeerajNeeraj2013/01/19 20:53That's an expert answer to an inteersintg question

ufzlonnqjufzlonnqj2013/01/21 09:28LSYzj4 , [url=http://wfsciqefruuo.com/]wfsciqefruuo[/url], [link=http://evmgljxaphwl.com/]evmgljxaphwl[/link], http://bgqetvsxieuh.com/

rzusdomsrzusdoms2013/01/22 08:06vlEfOV <a href="http://jqrzamuivbjg.com/">jqrzamuivbjg</a>